2013年2月16日土曜日

相手を変える祈り



友人の学会員が、新しい職場で、ばーさん達にいびられている。
近所なので何度かお会いしたこともある人たちだが、
ストレスフルで、何かと決めつけてかかる意地悪なばーさん達だ。

しかし友人は「いい人たちばっかりで、あの職場に縁があったことが功徳だわ」とか言う。
「陰口は言わずはっきり言ってくれるからサッパリしていて良い」
とか言ってると思ったら、
面と向かって、生意気だのいい加減だの可愛げが無いだのと吊るし上げられて、
大泣きで帰ってきた。

確かに陰口は言わないようだけどさ。^_^;

そこで、学会員らしく「祈りで乗り越える」と言い始めた。
「祈られて変わらない人はいない」と言う。
祈りは必ず通じ、相手の態度が変わるのだそうだ。

でもね、長年のお友達だけども、
ばーさんが言ってたことも分かるんだよね。
友人は、人の話をきかないし、スタンドプレイが多いし、
良かれの思い込みが激しく、人の都合を考慮しない。


「どこまでも一人を大切にする人間主義」というのは、
身内オンリーなのだろうか。
都合の悪い相手を、都合良く変えてしまう…。

しかし、

変えられたばーさんにも五分の魂。