2013年2月16日土曜日

愛のない世界

私たちはいつでも、絵を描いた画家は誰かを知りたがります。
画家の素性に関係なく、絵の内容を自分自身では決して発見したがることがないのです。
美しい詩だと言うのは、作者が誰かを知ったときだけです。
これは俗物根性で、単なる評価の反復です。

絵が美しいことを知覚して、大いに感動するのなら、誰が描いたのかということが、あなたにとって本当に問題ですか。

子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)
J. クリシュナムルティ
平河出版社
売り上げランキング: 153,878

最後にKは言う。
「本は焼き、放ってしまいなさい。」

○○賞を取った小説が売れる。
売れ筋ランキング順にモノが売れる。
行列のできる店に並ぶ。
その影で、価値を見出されずに埋れて行くホンモノ。。。

愛のない世界っちゅうのはソレだ。